トップページ ⇒ エラスチンとは

エラスチンとは

エラスチンとはたんぱく質の一種類です。その働きは主に主にコラーゲン同士を結びつける役割を持っています。

 

形状は繊維状になっており、弾力性を持っています。この弾力性が重要なのです。この弾力性によって肌のハリや血管の弾力性が保たれるのです。

 

エラスチンの働き

 

エラスチンは繊維状になっており弾力性を持っています。このことから体の中の弾力性や伸縮性に係っています。

 

エラスチンは繊維芽細胞で作り出されます。繊維芽細胞は皮膚の真皮にあります。繊維芽細胞ではエラスチンだけでなくコラーゲンやヒアルロン酸も作られています。繊維芽細胞は新陳代謝をしますが、そのスピードは早くありません。

 

エラスチンの体内での量

 

エラスチンの体内量は25歳頃がピークになっています。それ以降は加齢とともに減っていきます。25歳ごろがピーク、ということはそれ以前はどうなのでしょうか。

 

人が生まれたばかりの頃にはエラスチンはそんなに多く持っていないのです。でも赤ちゃんの肌はツヤツヤです。これはヒアルロン酸に拠るものなのです。

 

ツヤツヤですがエラスチンが少ないのでハリはあまり無く柔らかい肌です。25歳までは加齢とともにエラスチンは増加します。

 

25歳頃が肌のハリと弾力性のピークということができます。逆に言うと、ピークを過ぎるとエラスチンが減少することで、残念ながら肌の弾力性は失われています。

 

エラスチンの補充

 

では、25歳をピークに減り続けるエラスチンをどう補えばよいのでしょうか。体内で生成できないとなると外から取り入れるしかありません。どんな食べ物に含まれているのでしょうか?具体的には牛や魚の大動脈に存在しています。

 

言葉ではなんとなく分かりますが、普段目にすることは無いですよね。では、次の手は?市販のサプリメントとしてエラスチンは売られています。サプリメントでエラスチンを補い、肌のハリと弾力を維持しましょう。