トップページ ⇒ エラスチンはいつ摂るの

エラスチンはいつ摂るの

エラスチンは繊維芽細胞で作り出されます。繊維芽細胞は皮膚の真皮にあります。繊維芽細胞ではエラスチンだけでなくコラーゲンやヒアルロン酸も作られています。

 

エラスチンはコラーゲンとつなぎとめる役割を持っています。体の中の弾力性や伸縮性を保つ役割を担っています。

 

エラスチンは加齢とともに減少

 

エラスチンの保有は25歳頃がピークになります。それ以降は加齢とともに減っていきます。また、加齢だけでなく活性酸素のよってもエラスチンは減少するのです。

 

エラスチンの補充

 

では、どうやって減っていくエラスチンを補えば良いのでしょうか。食物から摂取することを最初に思いつく方が多いでしょう。では何を食べればよいのでしょうか。

 

エラスチンが多く含まれるのは牛やカツオの大動脈です。でも、普段見かけませんよね。探す手間だけでも大変ですが、どうやって食べたらいいのかも分かりませんよね。

 

それ以外にどんな食品にエラスチンが含まれるのでしょうか。身近な食品としては、牛スジ肉、手羽先、軟骨、煮魚などがあります。ただ、これらの食べ物に含まれるエラスチンは量が多くなく、多く摂取することは困難です。

 

次の手段は、サプリメントですね。エラスチンはサプリメントとして市販されています。では、いつ摂ればよいのでしょうか。夜20時から2時の4時間の間に人間は成長ホルモンを分泌します。そこで細胞の再生が行われるのです。ですから、就寝前に摂取することが効果的といえるでしょう。