トップページ ⇒ エラスチンと靭帯

エラスチンと靭帯

エラスチンとはたんぱく質の一種類です。その働きは主に主にコラーゲン同士を結びつける役割を持っています。

 

形状は繊維状になっており、弾力性を持っています。この弾力性が重要なのです。この弾力性によって肌のハリや血管の弾力性が保たれるのです。

 

エラスチンはどこにある

 

エラスチンは繊維状になっており弾力性を持っています。このことから体の中の弾力性や伸縮性に係っています。エラスチンは繊維芽細胞で作り出されます。繊維芽細胞は皮膚の真皮にあります。

 

繊維芽細胞ではエラスチンだけでなくコラーゲンやヒアルロン酸も作られています。繊維芽細胞は新陳代謝をしますが、そのスピードは早くありません。

 

エラスチンと靭帯

 

靭帯は体中いろいろなところに存在しています。靭帯はエラスチン繊維とコラーゲン繊維によって構成されています。

 

靭帯には弾力性と伸縮性が必要です。弾力性と伸縮性に不可欠なのがエラスチン繊維とコラーゲン繊維なのです。

 

では、エラスチンが不足するとどうなるのでしょうか?明快ですね。弾力性と伸縮性が失われます。弾力性と新種k性が失われる、具体的にはどんなことでしょう。靭帯の一部が切れたり最悪は靭帯断裂を起こしてしまします。

 

エラスチンの補充

 

では、加齢に伴い減り続けるエラスチンをどう補えばよいのでしょうか。体内で生成できないとなると外から取り入れるしかありません。どんな食べ物に含まれているのでしょうか?

 

具体的には牛や魚の大動脈に存在しています。言葉ではなんとなく分かりますが、普段目にすることは無いですよね。

 

では、次の手は?市販のサプリメントとしてエラスチンは売られています。サプリメントでエラスチンを補い、靭帯の弾力性を維持しましょう。