トップページ ⇒ エラスチンと保湿効果

エラスチンと保湿効果

エラスチンは繊維芽細胞で作り出されます。繊維芽細胞は皮膚の真皮にあります。繊維芽細胞ではエラスチンだけでなくコラーゲンやヒアルロン酸も作られています。エラスチンは繊維状になっており弾力性を持っています。このことから体の中の弾力性や伸縮性に係っているのです。

 

エラスチンの美肌効果

 

エラスチンは皮膚の真皮に存在しています。真皮はエラスチンにより弾力性に富んでいます。真皮の70%がコラーゲンです。コラーゲンは真皮の中を網の目のように張り巡らされています。エラスチンはその網目を結びつける役割があります。エラスチンが減ると肌の弾力が失われてしまいます。その結果としてシワやたるみが生じるのです。

 

エラスチンによる保湿効果

 

最近エラスチンは保湿成分として注目されています。本来エラスチンは真皮に存在しています。皮膚の上からエラスチンを塗っても真皮にまで届くわけではありません。外から塗って肌のハリを取り戻すという効果は正直なところ期待できません。

 

でも、保湿効果が期待できるのです。保湿を謡った化粧品は数多くあります。別にそれを否定するのではありません。エラスチンの保湿機能とはどんなものなのでしょうか。保湿機能にもいろいろとあります。

 

エラスチンは皮膚の表面で水分を抱え込んで保持するのです。それによって 湿度の低い環境でも肌の水分を保持するのです。

 

エラスチンは元来人が持っている成分です。そのため、皮膚との相性が悪いわけがありません。安心して使うことができる成分がエラスチンなのです。

 

エラスチンの補充

 

皮膚のシワやたるみを防ぐには、真皮での活性酸素の発生を抑える以外に真皮を構成する物質、エラスチンやコラーゲン等をを補う必要があります。

 

では、25歳をピークに減り続けるエラスチンをどう補えばよいのでしょうか。体内で生成できないとなると外から取り入れるしかありません。食べ物から摂取することは可能ですが、身近な食品で必要量を補うことは難しいことです。なぜなら、必要量に対して含まれている量が少ないからです。では、どうすればよいのか?市販のサプリメントとしてエラスチンは売られています。サプリメントでエラスチンを補い、美肌を維持しましょう。