オメガ3はダイエットに良い?

トップページ ⇒ オメガ3はダイエットに良い?

オメガ3はダイエットに良い?

オメガ3脂肪酸は、コレステロールや中性脂肪を下げる効果がある脂肪酸で、厚生労働省でも摂取量を増やした方がよい成分として推奨していますが、まだ、知名度が低く、オメガ3脂肪酸の存在を知らない人もいるようです。

 

オメガ3脂肪酸は、細胞膜を正常に形成する成分で、体に必要な脂肪酸です。しかし、体内で生成できないので食品から摂取する必要があります。そのため、必須脂肪酸と呼ばれる場合があります。オメガ3脂肪酸には、さまざまな健康効果があり、その中のひとつにはダイエット効果を補助する役割があることがわかっています。

 

まず、ダイエットなどの減量は運動と食べる食事に左右されることが前提となります。オメガ3脂肪酸を摂取しているから、ダイエットに成功する、というものではありません。やはり、ダイエットを成功させるためには、適度な運動と食事によるコントロールが重要になります。

 

オメガ3脂肪酸の効果は、血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる作用が高いという点です。この効果によって、血液の流れがよくなり、基礎代謝が上がって痩せやすい体質になる可能性があります。体脂肪は、運動を始めてから20分以上経過してから、燃焼し始めるので、ウォーキングやスイミング、サイクリングなどの有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼を高めることが出来ます。

 

オメガ3脂肪酸の働きによって、血液の流れがよくなり、さらに運動をすることで、コレステロールや中性脂肪が徐々に下がっていきます。これによって、健康になり、ダイエットの成果を実感できるということなのです。

 

オメガ3脂肪酸を摂取したことで、確実にダイエットに成功するというものではありませんが、オメガ3脂肪酸を摂取したことで、コレステロールや中性脂肪を減らす効果が期待できます。コレステロールや中性脂肪が減れば、動脈硬化や高血圧を予防することができて、体が良く動くようになるので、ダイエットの効果も高くなるでしょう。

 

しかし、ダイエットは食事のコントロールと適度な運動がメインとなります。オメガ3脂肪酸の摂取だけではダイエットの成功とはいかないようです。