夫の育児参加が育児ストレスを減らす

トップページ ⇒ 夫の育児参加が育児ストレスを減らす

夫の育児参加が育児ストレスを減らす

母親一人で子育てが大変だと思い、働く男性でも育児休暇を取る人がいます。しかしごくわずかです。いくらなんでも育児休暇を取ってまで育児をするまでもないという男性陣は、はたしてどれだけ日々の育児に参加していますか。

 

育児を手伝うのではなく、一緒に参加することで母親の負担は大幅に軽減し家庭円満が続くでしょう。でもやはり、仕事をしているため参加するのには限度がありますし、いったいなにをすればいいのかわからないという男性も多いはずです。

 

専業主婦の人もいれば日中働いている人もいますが、どちらにしても育児にメインで関わっているのは父親よりは母親なのが大半でしょう。仕事には休みの日がありますが、子育てと家事には休みはないのです。

 

夫から母親の仕事の大変さをわかってくれて自主的に家庭のことへの参加をしてくれるのがベストですが、気づかないもしくは気づかないふりをしている夫へは自ら参加要請してみましょう。

 

夫に子供の世話をお願いすると危なっかしくて・・・という人は、子育ての中でもできることをしてもらったり夫婦で話し合って決めるといいですよ。

 

また子供とのふれあいだけでなく、休日は掃除機担当とか食器洗い担当とかいつも母親がしている仕事を代わりにしてもらうのも一つの参加といえます。

 

その時間を利用して母親はいつもはできない自由時間を手に入れ、ストレス解消のひと時を過ごせるのです。母親がいつもイライラやピリピリしていると、家庭内も緊張感に包まれ安らぎのない家庭となってしまうので、夫の協力や参加がポイントとなるのです。