トップページ ⇒ エラスチンとアンチエイジング

エラスチンとアンチエイジング

エラスチンは繊維芽細胞で作り出されます。繊維芽細胞は皮膚の真皮にあります。繊維芽細胞ではエラスチンだけでなくコラーゲンやヒアルロン酸も作られています。エラスチンは繊維状になっており弾力性を持っています。このことから体の中の弾力性や伸縮性に係っているのです。

 

エラスチン不足

 

エラスチンが不足するとどうなるのでしょうか。エラスチンは弾力性や伸縮性に係ります。不足するということは弾力性や伸縮性が失われることですね。

 

加齢とともにエラスチンは減少します。では、具体的にはどうでしょう。シワやたるみの原因となるのです。

 

エラスチンでアンチエイジング

 

減少するエラスチンを補うことでシワやたるみの原因を減らします。若い肌を維持する、若しくは加齢とともに弾力性が減ってきた肌の弾力性を取り戻すにはエラスチンを補うことが必要です。また、活性酸素もエラスチンやコラーゲンに悪さをして皮膚の柔軟性が失われてしまいます。

 

エラスチンの補充

 

アンチエイジングのためにもエラスチンの摂取は不可欠です。ではどうやって取り入れればよいのでしょうか。実は、エラスチンは身近なところに存在しています。例えば、牛筋や鳥軟骨、手羽先などです。但し、そんなに多く取れるものではないですよね。

 

エラスチンはサプリメントとして市販されています。また、エラスチンを含む組織の再生は就寝中に行われます。摂取のタイミングとしては夜摂取するのが効果的といえます。